閉じる×

お客様の声2024年4月_1(強制性交等致傷罪)

新規でご相談をいただきましたお客様より、嬉しいお言葉をいただきましたので、掲載させていただきます。是非、ご覧ください。

 弁護士のコメント

本件は、警察から強制性交等致傷事件に関する取り調べを受けた方からのご相談でした。

ご相談者様は、二人の知人(男性と女性)と飲酒した後に、三人でいわゆるラブホテルに宿泊しました。

その数日後、ご相談者様は警察から呼び出され知人女性が強制性交の被害届を出していることを知りました。

ご相談者様は、アルコールの影響によりホテルの中にいたときの記憶が全く存在せず、今後の警察の取調べへの対応や逮捕される可能性の有無などについてご相談されたいということでした。

本件の場合、捜査機関が取調べを行っている趣旨・目的がわからなかいため、まずはその点を推測することが重要です。

この点については、取り調べの際にご相談者様が捜査機関から聞いた情報から推測することが可能です。

例えば、捜査機関が、取り調べする相手を被疑者(犯罪を犯したと疑われている者)として扱っているか単なる参考人として扱っているかという点は、取り調べの際に「黙秘権の告知」がなされているかという点が重要です。
捜査機関の被疑者に対する取り調べについては以下を参考にしてください。

元検事の弁護士が取調べにどのように対応すべきか解説| 元検事の弁護士へのご相談なら (keiji-kaiketsu.com)

本件のご相談者様は、現時点では参考人としての聴取でしたが、今後捜査が進んでいった場合には、被疑者として捜査対象となる可能性もあったため、そうなった場合の対処法や逮捕される可能性等についてご説明いたしました。
逮捕の種類や逮捕の流れについては以下を参考にしてください。

逮捕(たいほ)の種類や逮捕されたらどうすべきか

突然警察から呼び出された場合、今後自分がどうなってしまうのか不安な方が多いと思います。
自分の記憶があいまいな場合はなおさらです。

弊所には元検事の弁護士が多数在籍しており、捜査の流れ等について経験を踏まえたアドバイスが可能です。

警察から呼び出され、その対応に困っているという方などは是非一度弊所にご相談ください。

関連記事はこちら
0353025570 メールでのご相談予約はこちら LINEでのご相談予約はこちら

刑事事件の専門家に,まずは
お問い合わせください。

早期,迅速対応が重要です。

03-6276-5513

045-628-9650

042-518-9480

[受付時間]9:00~21:00
[相談時間]9:00~21:00

メールでのご相談予約はこちら
LINEでのご相談予約はこちら

※暴力団関係者の方,過去に暴力団関係者であった方の
ご相談,ご依頼は受けられません。

お問い合わせ メールでのお問い合わせ LINEでのご相談予約はこちら

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数

3件

今月のお問い合わせ件数

38件

コンテンツメニュー

コラム

【新着コラム】

【コラムカテゴリー】

アクセス

【新宿事務所】

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分


【横浜事務所】

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-9-40

銀洋ビル7階

横浜駅南9出口徒歩5分


【立川事務所】

〒190ー0012
東京都立川市曙町2ー8ー28

TAMA MIRAI SQUARE 4階

JR立川駅北口徒歩5分