閉じる×

お客様の声2021年12月度_4(準強制わいせつ)

新規でご相談をいただきましたお客様より、嬉しいお言葉をいただきましたので、掲載させていただきます。是非、ご覧ください。

当事務所をどのように知りましたか?

ホームページを見て(検索語句:元検事)

なぜ当事務所にご相談いただけたのか理由をお教え下さい。

HPが充実していた、元検事としての経験

当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせ下さい。

良かった

弁護士のコメント

 本件は,ナンパをした相手とトラブルになってしまい,準強制わいせつ事件になり,後日警察に逮捕されてしまったというご相談でした。
 本件は,逮捕後,勾留されずに在宅事件として捜査が続けられている状態でしたが,勤務先から自宅謹慎処分がされており,刑事手続の結果が懲戒処分にも影響すると考えられたため,なるべく早期に事案を解決する必要がありました。

 強制わいせつ事件の弁護活動として最も有効なのは示談であり,本件でも示談交渉を試みました。
通常,弁護人から警察または検察の担当者に連絡を入れると,被害者に対して,示談交渉に応じる意思があるかなどを確認してくれます。
 そして,被害者の了承が得られれば被害者の連絡先を教えてもらうことができますので,そこから被害者とやりとりを重ね,具体的に示談成立を目指していきます。

 幸い,本件では相談を受けてから約1週間後に示談が成立し,その約1週間後には不起訴処分となりました(その後,検察庁との間で不起訴処分告知書の送付等細かいやりとりがありますが,全体としてもご相談から約1か月で終結することができました)。

 上原総合法律事務所では,元検事(ヤメ検)の弁護士が事案に応じ,柔軟に弁護活動を行っていきます。刑事事件のご相談者様は,「刑事事件になっている」ということ自体が大きなストレスであり,日々,不安やストレスを感じられていることと思います。弊所では,本件がそうだったように早期解決の観点も重視しておりますので,お困りの方は,是非ご相談ください。

関連記事はこちら

0353025570

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

アクセス

【新宿事務所】

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分

【横浜事務所】
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-9-40
銀洋ビル7階
横浜駅南9出口徒歩5分