閉じる×

交通事故犯罪

交通事故を起こしてしまい、相手に怪我を負わせてしまった場合や死亡させてしまった場合、過失運転致死傷罪、道路交通法違反、危険運転過失致死傷罪などが成立します。

最近は交通事故に対する刑罰が厳しくなって来ており、特に飲酒運転や無免許運転で交通事故を起こした場合は、重く処罰される傾向があります。

交通事故を起こしてしまった方は、事故を起こしてしまうその瞬間まで普通に生活をしていた方がほとんどです。
そのため、事故を起こしてしまった方は、いきなり加害者になってしまい、とても恐ろしい思いをしていると思います。ご本人はもちろん、ご家族の方も、どうしていいのか分からず、不安で不安で仕方がないと思います。

事故を起こしてしまった場合、最も大切なことは、なるべく早い段階から誠実に対応していくことです。誠実な対応が遅れれば遅れるほど、被害者感情は悪くなりますし、刑事処分としてもよくありません。
ここでは交通事故に関しての刑罰や刑事弁護について記載していますが、不安な方は当事務所までご相談ください。ご本人、ご家族が今後どうなってしまうのか、どうすればよいのか、被害者の方に何が出来るのかについて、親身にご相談にのります。

関連記事はこちら

0353025570

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

アクセス

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分