閉じる×

強盗

強盗は、拳銃や包丁などの凶器を突きつけるなど、被害者が反抗できないくらいの暴行、脅迫をして、他人のものを強奪する行為のことです。素手で殴るなどした場合にも、態様によっては強盗になります。被害者が反抗できないくらいと言えない場合は、恐喝罪となります。暴行や恐喝を用いない場合は、窃盗罪などになります。
なお、窃盗をした人が、暴行、脅迫をして逮捕から逃れようとしたり、盗んだ物を取り返されないようにしたり、証拠隠滅をしようとしたりした場合、事後強盗と言い、強盗として扱われます。
そのため、万引きをした人が店の人に見つかった際に事後強盗となってしまうことがあります。
さらに、強盗や事後強盗をした結果、人を怪我させた時は強盗致傷罪、死亡させてしまうと強盗致死罪となります。

強盗の罪

強盗罪・事後強盗の場合は、5年以上の有期懲役となります。有期懲役の上限は20年です。恐喝罪の場合は、10年以下の懲役となり、恐喝罪のほうが強盗罪よりも軽い罪になります。
強盗致傷罪は6年以上の有期懲役もしくは無期懲役、強盗致死罪は死刑もしくは無期懲役と、とても重い刑です。

弁護活動

強盗罪で捕まった場合は、基本的に勾留されてしまいます。勾留された場合、10日間は警察の留置所から出られない状態になってしまいます。また、勾留延長されてしまう可能性も高く、何もしないでいると、逮捕から23日間程度は身柄拘束されます。この間、会社を無断欠勤することになり、解雇されてしまう可能性もでてきます。

ただし、強盗罪の容疑で逮捕されたとしても、弁護士を通じて、事件の関係者に事情を聞き、事件の真相を解明していくと、強盗罪よりも罪が軽い窃盗罪や暴行罪となる可能性もあります。
また、弁護士を通して、被害者との示談交渉を行い、示談が成立すれば、不起訴となり、早期に留置所を出られる可能性もあります。早期に釈放されれば、勤務先などに逮捕されたことがばれずに、職場に復帰できるでしょう。
強盗致傷罪の場合でも、怪我の程度が軽い場合などには、不起訴で釈放される可能性があります。

起訴されてしまった場合は、執行猶予をつけてもらえるように弁護します。強盗罪で執行猶予をつけてもらうには、被害者の方に示談書や嘆願書などのこちらに有利な証拠や家族の監督等反省と再犯防止の意欲を検察官・裁判官に伝え、反省の意思をしっかりと示していく必要があります。
強盗致傷罪であっても、被害者に誠実な対応をし、反省と再犯予防をしっかり立証することで、執行猶予がつくことがあります。

また、強盗をしていないのに逮捕されたという場合、無実の罪で服役することを避けるため、徹底的に戦う必要があります。
この場合、取調べ対応と証拠の確保のため、逮捕当初から弁護士と相談することがとても重要です。

当事務所では、それぞれの事案に即して、証拠の確保、示談交渉、早期の身柄の解放や勤務先への対応など、依頼者に必要な弁護活動を誠心誠意行います。

関連記事はこちら

0353025570

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

アクセス

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分