閉じる×

雇用調整助成金について労働局などから手紙が来たらどうするか

労働局などから手紙や電話で問合せがあったらどうすれば良いか

雇用調整助成金や緊急雇用安定助成金は、コロナ禍の中で受給要件が緩和され、緩和された受給要件の中で不正受給が多発しました。
現在は、申請処理も収集がついてきたため、過去の申請が適切かそうでなかったかについて、広範な調査が行われはじめています。
その一環として、労働局や会計検査院が、会社に対して、雇用調整助成金や緊急雇用安定助成金申請の前提となった従業員の稼働状況等を問い合わせてくることがあります。
労働局等から電話で話を聞いてくることもありますし、「資料提出のお願い」などといったタイトルの手紙が届くこともあります。

このような問い合わせには法的な根拠があると考えられます。
労働局は、雇用保険法に基づいて、雇用保険被保険者を雇用している事業主に対して、報告を求めたり、文書の提出を求めることができます。
報告・提出命令に違反して報告・提出を行わなかった場合には、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることがあります。
そのため、会社としては、調査に協力すべき義務があります。

ただ、この義務を度外視しても、調査に協力することが会社にとって有益だと考えます。
というのは、もしも不正受給をしていた場合には、会社に対する問い合わせだけでなく様々な調査方法があるので、調査に協力しなくてもいずれ不正受給であったことが発覚すると考えられます。また、問い合わせがあった段階で既に労働局等に不正受給であることが発覚しているかもしれません。
不正受給をしてしまった場合、会社に対する処分を決める上で、事案の悪質性の程度が考慮されます。この事案の悪質性の程度を判断するときに、問い合わせがあった後に労働局等に誠実に対応したかどうかも考慮されると考えられます。
労働局等からの問い合わせがあった場合には、なるべく早い段階から誠実に対応し、不正受給後の症状を良くすることが会社にとって有益です。

また、不正受給をしたつもりがなくても、調査に協力をしなければ申請が不正だったのではないかと疑われてしまう可能性が出てくるため、不要な疑いを避けるために調査に協力することが会社にとって有益だと考えます。

以下の記事においては調査にどう対応すべきかの詳細を記載しています。

雇用調整助成金の不正受給をしてしまったらどうなるのかの全体像については、こちらの記事をご参照ください。

調査にどう協力すべきなのか

労働局等は、申請が真実に合致するものだったのかどうか、真実に合致しないものだったとしてそれがなぜ行われたのか、などを明らかにしようとします。
この調査は、確定申告書・決算書・総勘定元帳・損益計算書・売上証票・雇用契約書・労働者名簿・休業協定書・タイムカード・シフト表・給与明細・賃金台帳等の客観的な資料に基づいて行われることもありますし、経営者や労働者からの聞き取りによって行われることもあります。

このような調査対応依頼や資料提出要請に対しては、誠実に正直に対応する必要があります。
ですが、聞かれたことに答えるだけでは、真実を全て理解してもらえるとは限りません。

雇用調整助成金や緊急雇用安定助成金の制度は複雑で、会社の経営者といえども、正確に制度の詳細を理解している方は多くありません。
コロナ禍の混乱の中で助成金を申請した方の中には、どのように申請をすべきなのか正確に理解しないままに取り急ぎで助成金を申請した方も少なくありませんし、制度を誤解したことにより誤った申請をしてしまった方もいます。
調査する側の視点に立つと、このような誤った(過失による)申請も、助成金を騙し取る目的でわざと行った(故意による)申請も、制度の趣旨や客観的な真実に合致しない申請という点で同じで、区別がつきづらい可能性があります。
ですが、わざと行ったことなのか誤って行ったことなのか(故意だったのか過失だったのか)によって、会社に対する処分が大きく異なります。
また、客観的な真実に合致しない申請であるため「わざと行った」と見えるような事案についても、制度を誤解した結果「客観的な真実には多少合致していないけれどもこれで良いのだ」と誤解していた場合もあります。このようなものの中には「誤って行った」のだと言える申請もあります。

不適切な申請がなされている多数の事案は、それぞれなぜ不適切な申請に至ったのかが異なります。
会社に有利な事情が存在する場合、労働局に伝わる形で適切に伝えていく必要があると考えています。

上原総合法律事務所で行っている対応について

上原総合法律事務所では、「労働局等から連絡が来たのでどうすれば良いか相談したい」、「まだ労働局等から連絡が来ていないけれどもわざと不正受給をしたのでどうすればいいか相談したい」、「不正受給をしたつもりはないのだけれども誤った申請をしているかもしれないのでどうすればいいか相談したい」、などのお問い合わせを多数いただいています。

このようなお問い合わせに対し、上原総合法律事務所では、まずはご相談をお受けし、どのような対応をすべきなのかをご案内しています。
労働局等からの連絡が来ていない事案については、会社から自発的に労働局に連絡をすべきかどうかについての判断からご案内します。

既に労働局からの問い合わせが来ている事案や、会社から自発的に連絡すべき事案については、まず上原総合法律事務所から労働局等に連絡するとともに、並行して上原総合法律事務所において事案の詳細を調査し、誠実かつ正直に回答するとともに、理解してもらうべき会社にとって有利な事情を適切に伝えていきます。

不正をしていない会社についてはその旨を理解してもらうよう働きかけます。
一見すると不正(故意)のように見えるけれども実際は過失であるという場合には、その旨を理解してもらえるように丁寧に説明します。
不正をしてしまった会社については、不正をしてしまったと言う真実を誠実に伝えて謝罪するとともに、なぜそのような不正をするに至ったかという事情を伝え、会社にとって有利な事情も理解してもらいます。

このような対応をすることで、不正をしていないことを理解してもらったり、一見すると故意のように見えるけれども過失であると理解してもらったり、さらには、不正ではあるけれどもやむにやまれず不正をしたと言う背景事情を十分に理解してもらって想定していたよりも軽い処分にしてもらった事案等が多数あります。

お悩みの方はお気軽にご相談ください

上原総合法律事務所では、コロナ禍における特例下での雇用調整助成金や緊急雇用安定助成金の不正受給について、令和2年後半からご相談をいただくようになり、令和3年は100件を超える多数のお問い合わせをいただいています。
その中で多くの方がおっしゃるのは、ご相談前の「自分1人で悩んでいてとても辛い、夜も眠れない、食欲もない」などの辛さとともに、ご相談後の「相談して気が楽になった、眠れるようになった、食べられるようになった。助成金についてはとりあえず弁護士に任せておけば良いと考えることで、仕事にエネルギーを割けるようになった。」などというありがたいお言葉です。

令和2年前半に始まったコロナ禍は、本当に多くの方を苦しめています。その混乱の中でなんとか会社を生き残らせて雇用を守りたいと考えた経営者が誤った判断をしてしまう事は、大いにあり得ることだと考えます。
その誤った判断が、現在、経営者をさらに苦しめてしまっていますが、1人で悩む必要はありません。

上原総合法律事務所は、そのような苦しんでいる経営者の気持ちを少しでも楽にするとともに、助成金の問題についてはこの問題の専門家である上原総合法律事務所がお引き受けすることで経営者の時間と能力を本業に集中し、会社を少しでも回復させていただきたいと考えています。

そのために、上原総合法律事務所では、ご相談に迅速に対応できる体制を整え、丁寧にお答えいたします。
ご相談は上原総合法律事務所へのご来所のみならず、ズームまたはお電話によるリモートでのご相談も可能です。

全国からのご相談をお受けしています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事はこちら

0353025570

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

アクセス

【新宿事務所】

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分

【横浜事務所】
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-9-40
銀洋ビル7階
横浜駅南9出口徒歩5分