閉じる×

クレプトマニア(窃盗癖)とは

1 クレプトマニアとは

お金は持っているのにスリルを求めて万引きをしてしまう、必要ない物なのに万引きをしてしまう、以前万引きをして捕まって辛い思いをしたのにまた万引きをしてしまう、執行猶予中であるのを分かっていて捕まれば実刑の可能性が非常に高いのに万引きをやめられないなど、万引きの衝動や欲求を抑えることができず、万引きを繰り返してしまう方がいます。
そのような方は、盗んだ物を捨ててしまったり、人にあげたり、クローゼットに隠すなど、物が目的ではなく「万引き」という行為自体が目的となり、その行為に依存してしまっています。
その衝動、もしかしたらクレプトマニア(窃盗癖)かもしれません。
クレプトマニアは精神疾患の一種と位置付けられ、国際的な診断マニュアル(いわゆる「DSM-5」)では,以下の5つがクレプトマニアと診断する基準となっています。
1 個人的に用いるためでも、その金銭的価値のためでもなく、物を盗ろうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される
2 窃盗におよぶ直前に緊張の高まりがある
3 窃盗を犯すときの快感、満足、または解放感がある
4 盗みは、怒りや報復を表現するためのものではなく、妄想や幻覚に反応したものでもない
5 盗みは、躁病エピソードや反社会性パーソナリティ障害ではうまく説明されない
上記のような症状がある場合、クレプトマニアである可能性があります。

2 クレプトマニアの捜査・裁判対応

初犯や数回目の犯行の場合は不起訴や執行猶予付きの判決が言い渡されることが多い窃盗罪ですが、繰り返し犯してしまうと、被害額が少額であっても実刑判決を言い渡される可能性が高くなります。
通常の窃盗罪と同様に、窃盗の被害に遭った被害者に対して、被害弁償や示談を行うことは重要ですし行う必要がありますが、「繰り返し万引きをした」という事実は、裁判所にとってよい心象にはなりません。

クレプトマニアは精神疾患の一種と位置付けられていますので、刑務所で更生を促すよりも、病院やクリニックで精神科において入院・治療を行うことが有益です。
最近ではクレプトマニアを専門に扱う医療機関も増えてきており、同じ病気の方が集まって互いの経験を共有して回復を目指す自助グループなどもあります。万引きをやめるためには、どうして窃盗を繰り返し行ってしまうのか、なぜやめられないのかなど,窃盗を止められない理由を知り、それを解決していくことが重要です。

クレプトマニアであることを理解し、医療機関において治療等を行っていることを裁判所に証拠として提出したり、治療で学んだことや今後どのように万引きをしないよう過ごしていくかなどを依頼者様自分自身の言葉で裁判官に伝えるなどして、刑務所における更生ではなく、医療機関での治療が有効であることを裁判官に伝えることで、実刑を回避できる可能性があります。

3 クレプトマニア案件への上原総合法律事務所の思い

上原総合法律事務所の刑事部門は、元検事により構成されている弁護士集団です。
弊所の弁護士は、検事としても、弁護士としても,クレプトマニアの案件を多数取り扱ってきました。
そのような経験の中で、クレプトマニア(クレプトマニアという診断はつかないけれども窃盗がやめられない方を含みます。)については、「ご本人も、ご家族などの周辺者も、窃盗をやめたい・やめさせたいと本気で思っているのにやめられない」という点に特徴があると考えています。

他の依存症と比べても、クレプトマニアの方の依存性は強いことが多いように感じます。
クレプトマニアの方が窃盗をやめるようになるのは、簡単なことではなく、少なくとも年単位での対処が必要となります。そのため、ご家族の負担も大きいものとなります。
窃盗がやめられない方の多くは摂食障害、うつ、統合失調症などの何らかの精神疾患を有している方も多く、依存性が強いことと併せて、ご本人もご家族も、大変辛い思いをしています。
上原総合法律事務所では、「窃盗をやめたい・やめさせたいと本気で思っているのにやめられない」状況の依頼者について、その苦しい状況を理解し、依頼者が一歩ずつ前進し、時に後退するのに寄り添うパートナーでありたいと考えています。
 

4 クレプトマニア案件のご相談は上原総合法律事務所へ

上原総合法律事務所は、多数のクレプトマニアの事案を扱ってまいりました。元検事の経験を活かし、クレプトマニアを扱う病院のご紹介(就業状況やお住まいに応じ、適切な医院をご案内します。)や窃盗事件への対応など、事務所一丸となって、適切かつ迅速に対応いたします。
繰り返し万引きをしてしまやめられなくて困っている、もしかしてクレプトマニアなのかもしれないなど、様々な不安をお持ちだと思います。まずはお話をお聞きし、その後の必要な弁護活動を誠心誠意行います。お気軽にご相談ください。

窃盗での罰金前科を有するクレプトマニアの方が不起訴になった事例

詳細はこちらへ

0353025570

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

アクセス

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分