閉じる×

お客様の声2022年7月_3(強制性交等)

新規でご相談をいただきましたお客様より、嬉しいお言葉をいただきましたので、掲載させていただきます。是非、ご覧ください。

 

 

弁護士のコメント

本件は,強制性交等をしたとして女性から慰謝料を請求されているけれども実際には強制性交等をしていない男性からのご相談でした。

このような事案においては,相手方と交渉する中で相手方の気持ち・状況をよく聞き,よく考えることで,どんな提案だったら相手方が受け入れられるのかを推測する必要があります。

交渉の現場で相手方とお話ししながら推測し,交渉をまとめるのは,複雑な作業です。
そのため,どのような状況においてどのような心理状況になるのか,という経験がとても大切になります。

当事務所の弁護士は,検察官として被害者側の立場で大量の被害者と接してきました。
そのため,被疑者側の弁護をするにあたっても,被害者側の気持ちを推測しながら行動することができます。

本件においては,ご依頼いただいてから1週間程度で事件が解決しました。
示談金の支払いもなしで終わりになりました。

元検事としての経験と弁護士としての経験をフル活用したことでスピード解決できたベストプラクティスだったと自負しています。

関連記事はこちら

0353025570

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数

今月のお問い合わせ件数

18

コンテンツメニュー

アクセス

【新宿事務所】

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分

【横浜事務所】

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-9-40

銀洋ビル7階

横浜駅南9出口徒歩5分