閉じる×

イラストの著作権はどのように保護されるのか|著作権法のポイントを解説

イラストは著作権によって保護されており、著作権者に無断で複製公衆送信などを行うことは違法になり得ます

上原総合法律事務所では、著作権を害されている著作権者からのご相談や、自分のしていることが著作権に反しないかといったご相談をいただきます。

ビジネスをする方は、著作権を適切に理解していないと、思わぬトラブルを招いてしまいかねません。

イラストを取り扱うことがある会社経営者・担当者は、著作権法について正しく理解しておく必要があります。

本記事ではイラストの著作権について、著作権法のポイントを解説します。

1. 著作権とは

著作権とは、著作物について認められる権利です。

1-1. 著作物とは

著作物」とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸・学術・美術・音楽の範囲に属するものをいいます(著作権法2条1項1号)。
たとえば記事書籍楽曲(メロディー・歌詞)映画、イラストなどに著作権が認められます。

1-2. 著作権の内容

著作権者は、著作物について以下の権利を専有します。

①複製権(同法21条)
著作物を複製する権利

②上演権・演奏権(同法22条)
著作物を公衆に直接見せ、または聞かせることを目的として上演・演奏する権利

③上映権(同法22条の2)
著作物を公に上映する権利

④公衆送信権等(同法23条)
著作物を公衆送信し、または受信装置を用いて公衆送信される著作物を公に伝達する権利

⑤口述権(同法24条)
言語の著作物を公に口述する権利

⑥展示権(同法25条)
美術の著作物またはまだ発行されていない写真の著作物を、これらの原作品により公に展示する権利

⑦頒布権(同法26条)
映画の著作物等を、その複製物により頒布する権利

⑧譲渡権(同法26条の2)
著作物(映画の著作物を除く)を、その原作品または複製物の譲渡により公衆に提供する権利

⑨貸与権(同法26条の3)
著作物(映画の著作物を除く)を、その原作品または複製物の貸与により公衆に提供する権利

⑩翻訳権・翻案権等(同法27条)
著作物を翻訳・編曲・変形・脚色・映画化し、その他翻案する権利

⑪二次的著作物の利用に関する原著作者の権利(同法28条)
二次的著作物の著作者が有する権利(原著作者も同一の権利を専有する)

著作物につき、これらの権利によって保護された行為を著作権者の許諾を得ずに行うと、著作権侵害となります

2. イラストに関する著作権侵害の要件

著作権侵害には、直接侵害みなし侵害の2種類があります。

イラストに関する著作権侵害の成否についても、直接侵害とみなし侵害の2つの観点から判断する必要があります

2-1. イラストの著作権に対する直接侵害の要件

イラストの著作権に対する直接侵害は、以下の要件をすべて満たす行為について成立します

①著作物性(創作性)
侵害が問題となる創作物において、作成者の思想または感情が創作的に表現されていることが必要です。自由度の低すぎる表現やありふれた表現には、著作物性(創作性)が認められない可能性が高いです。

②依拠性
オリジナルの著作物に依拠して利用行為がなされたことが必要です。たまたまオリジナルと似ているにすぎない場合は、依拠性が認められないため著作権侵害は成立しません。

③同一性または類似性
オリジナルの著作物と完全に同一であるか、またはオリジナルの表現上の本質的な特徴を直接感得できる程度に似ていることが必要です。

④利用行為
著作権によって保護された行為(前述)を、著作権者に無断でしたことが必要です。

2-2. イラストの著作権に対する間接侵害の要件

著作物の利用行為そのものではありませんが、著作権侵害の利用行為を助長する「間接侵害(みなし侵害)」として違法とされています(著作権法113条)。

イラストについては、たとえば以下の行為が間接侵害(みなし侵害)に当たります

  • ・海外で作成された海賊版イラストを国内で販売する行為、または国内向けに販売する目的で所持する行為
  • ・侵害コンテンツであるイラストがまとめられたウェブサイトのリンクを、まとめサイトなどに掲載する行為
  • ・イラストのROMにかけられたコピーガードを不正に解除する行為

など

著作権法上、間接侵害(みなし侵害)となるのは以下の行為です

①国内で行われたとすれば著作権侵害に当たる行為によって海外で作成された物を、国内において頒布する目的で輸入する行為

②著作権侵害行為により作成された物につき、著作権侵害であると知りながらする以下の行為

  • ・頒布
  • ・頒布目的による所持
  • ・頒布の申出
  • ・業としてする輸出
  • ・業としてする輸出目的による所持

③リーチサイト・リーチアプリ(いわゆる海賊版サイトにユーザーを案内するサイト・アプリ)に対して、著作権侵害を構成するコンテンツのリンクを提供する行為

④リーチサイト・リーチアプリを提供する行為

⑤著作権侵害であると知りながら海賊版プログラムのライセンスを取得し、業務の一環として、コンピュータにインストールして使用する行為

⑥コピーガードを不正に解除する行為

⑦コピーガードを解除するパスワードを、公衆に対して譲渡または貸与する行為

⑧著作物の権利管理情報を改ざんする行為

⑨情を知って、権利管理情報が改ざんされた著作物またはそのコピーを頒布等する行為

⑩国内盤の発売から4年以内に国外盤CDを輸入および国内で頒布し、または頒布目的で所持することにより、著作権者または著作隣接権者の利益を不当に害する行為

⑪著作者の名誉・声望を害する方法で著作物を利用する行為

3. 著作権フリーのイラストの利用について

フリー素材」とされているイラストについても、どのような使い方をしてもよいわけではありません
利用規約等を確認した上で、認められている範囲内で利用しましょう。

フリー素材イラストの利用に関しては、特に以下の各点に注意が必要です。

具体的な利用ルールの詳細については、各イラストの利用規約等に記載されています

これを確認することでビジネス上のトラブルを避けることができます。

多くの場合、数分で確認できますので、面倒でも、利用する前に必ずご確認ください

なお、著作権フリーのサイトから入手した写真でも、実は第三者の著作物であった場合、ダウンロードして使用した第三者が損害賠償義務を負うとされた裁判例がありますので、この観点からも注意が必要です。

①クレジット表記の要否
フリー素材イラストを掲載する際には、著作者のクレジット表記が条件とされている場合があります。

②改変の可否
フリー素材イラストを改変した上での利用は、禁止されていることが多いです。無断改変は翻案権(著作権法27条)の侵害に当たるほか、著作者人格権の一つである同一性保持権(同法20条)の侵害にも当たる可能性があります。

③商用利用の可否
営利目的でない利用のみが認められており、商用利用は不可としているフリー素材イラストもあります。

④商品化の可否
商用利用を認めているフリー素材イラストでも、商品化して販売することは禁止されているケースが多いです。

4. イラストの著作権を侵害した場合の制裁

イラストの著作権を侵害した者は、以下の法的・社会的な制裁を受けることになります

①損害賠償責任

②刑事罰

③社会的な制裁

4-1. 損害賠償責任

著作権侵害は不法行為(民法709条)に当たり、侵害者は被害者に生じた損害を賠償しなければなりません
侵害を受けたコンテンツの知名度が高い場合は、巨額の損害賠償責任が発生することもあり得ます。

なお著作権法114条では、著作権侵害による損害額の推定規定が設けられており、被害者の立証責任が緩和されています。

4-2. 刑事罰

著作権侵害は犯罪であり直接侵害については「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金(著作権法119条1項)、間接侵害(みなし侵害)については「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金(同条2項3号)が課され、または併科されます。

また、法人の役員・従業員等が、法人の業務に関して他人の著作権を侵害した場合は、法人にも「3億円以下の罰金が科されます(同法124条1項1号)。

なお従来の著作権法では、著作権侵害は「親告罪」とされており、被害者などの告訴がなければ被疑者を起訴することができませんでした。
しかし、2018年12月30日に施行された改正著作権法により、著作権侵害が非親告罪に変更されたため、現在では被害者などの告訴がなくても被疑者を起訴できるようになっています

4-3. 社会的な制裁

著作権侵害を犯したことが報道されたり、SNSで拡散されたりすると、社会的評判が大きく傷つきます。

特にインターネットを通じて情報が瞬く間に広まる現代では、これらの社会的制裁によるダメージも無視できません

他人のコンテンツを利用する際には、著作権侵害に当たらないよう十分ご注意ください。

5. お困りの方は上原総合法律事務所にご相談ください

自社の著作権を侵害された場合は、損害賠償請求刑事告訴によって侵害者の責任を追及することを検討する必要があります

この場合、どこまでコストをかけて何をするかという検討をしていくことになります。

不適切な行動をとって被害を拡大させることのないよう、著作権を侵害されたことの結果として生じた被害の程度や、今後の同種被害を防ぐために何が最適か、を慎重に決定する必要があります。

反対に他人の著作権を侵害してしまった場合は、誠実な対応を速やかにする必要があります

一刻も早く謝罪・示談などを試みれば、重い法的責任を回避できる可能性があります

 

上原総合法律事務所では、著作権法違反に関するご相談をお受けしています。

弁護士にご相談いただければ、著作権侵害に関する対応について、依頼者の立場に応じてアドバイスいたします。

イラストの著作権を侵害された、または他人の著作権を侵害してしまった方は、是非ご相談ください。

0353025570 メールでのご相談予約はこちら LINEでのご相談予約はこちら

刑事事件の専門家に,まずは
お問い合わせください。

早期,迅速対応が重要です。

03-6276-5513

045-628-9650

042-518-9480

[受付時間]9:00~21:00
[相談時間]9:00~21:00

メールでのご相談予約はこちら
LINEでのご相談予約はこちら

※暴力団関係者の方,過去に暴力団関係者であった方の
ご相談,ご依頼は受けられません。

お問い合わせ メールでのお問い合わせ LINEでのご相談予約はこちら

お問い合わせ状況

昨日のお問い合わせ件数

2件

今月のお問い合わせ件数

63件

コンテンツメニュー

コラム

【新着コラム】

【コラムカテゴリー】

アクセス

【新宿事務所】

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
やまとビル7階
新宿駅新南口 徒歩3分
新宿三丁目駅 E8出口すぐ
代々木駅東口 徒歩5分


【横浜事務所】

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-9-40

銀洋ビル7階

横浜駅南9出口徒歩5分


【立川事務所】

〒190ー0012
東京都立川市曙町2ー8ー28

TAMA MIRAI SQUARE 4階

JR立川駅北口徒歩5分